■ トップページ■■ お支払・配送■ About Us■ お問い合わせ■ カートの中


お客様の声

商品メニュー









商品検索
キーワード

Faxによるお問合せ 0268-22-0615 犬と暮らす柴犬社

  ★ Tel.0268-75-5280

 

 ■ 犬と話をする、動物と話をする。

その1.犬と話をする

「読み取ろう」「感じ取ろう」としているレーダーのような顔。犬と話をしますか?

犬は、お互いに人間でいうところの「第六感」で話をするようです。確かに、吠えたり、言葉のように聞こえる声を出すこともありますが、どうやら、それらは、付属品であって、実際には、いわゆる「テレパシー」で話をしているようです。

 

犬たちが話し合っているのを見ていると面白いです。

お互いに向き合っていることもあれば、違う方向を向いていることもあります。

でも、確実に、コミュニケーションを取っています。

「眼と眼で通じ合う」といった合図のレベルを超えた、「言葉ではない言葉」で話をしています。

 

例えば、ある人々は、犬に人間の言葉(単語)を覚えさせて、それに反応させることでコミュニケーションを取ろうとします。しかし、犬と一緒に暮らしていると、もっと、犬と人間もコミュニケーションを取ることができるし、犬どうしも、もっと高度なコミュニケーションを取っていることが分かります。

 

私たちが犬に話しかけるとき、「犬にこの考え、思いを伝えよう」という気持で、犬に向かって話をすると、犬は、こちらの意図を読み取ります。ときには、こちらが犬には知らせるつもりがないのに、勝手に、こちらの意図を読み取って先まわりします。犬たちは、もちろん人間ほどの高度な思考や思索は行うことができませんが、かなり、高度なコミュニケーションを取っているようです。しかし、犬の世界は、人間のそれよりも単純なので、犬たちが考えていることを、こちらも読み取ろうとすると、結構面白いものだと思います。

 

英国放送BBCが、ある番組で実験を行ったようです。犬の飼い主が犬を置いて20Km離れた街に出かけます。カメラは、リアルタイムで飼い主の行動と犬の行動を捉えています。飼い主は、わざと、買い物をしたり、カフェに入ってコーヒーを飲んだ入りして、その日の予定をこなします。さて、いろいろな予定をこなした後で、飼い主が「さあ、家に帰ろう」と意図します。すると、なんと、犬は、その瞬間に反応を示します。それまで、寝そべったりしていた犬は、突然、窓際に行き、そわそわし始めます。飼い主が帰ってくるのを楽しみに待ち始めまるのです。

 

我が家でも、犬たちは、家の人が帰宅する30分くらい前に、それを察知します。

その時、犬が首をあげ、顔が「レーダーのよう」(?)になって、音でもなく、匂いでもなく、それらを超えた方法で、何かを察知し、感じ取ろうとする様子です。

家の人は、新幹線で到着するというのに、それを察知することができるようです。

 

笑っています。また、犬は、笑います。これを言うと、冗談だと思って笑う人がいますが、犬と一緒いくらしていると、表情がどれだけ豊かで、どれだけ、喜怒哀楽に溢れていて、場面によっては、狩人のような(サメのような?)目になったりすることか、分かります。

 

では、他の動物たちはどうなのでしょうか?

動物たちは、人間のような言語によるコミュニケーションを持っていませんが、いわゆる日本の「以心伝心」のように、テレパシーでお互いにコミュニケーションを取るようです。

面白いですね。こちらが何かの「意図」を持つと、それを読み取るのです。

 

変な不思議な世界の話でしょうか?

いえ、そんなことはありません。そして、本来、特別なことでもないはずです。

本来、人間も持っていたものではないでしょうか。

動物と一緒に暮していれば、それを感じます。

「気持ちが通じ合う」といいますものね。

 

その2.犬の世界

犬と人間の世界は、やはり、違うようです。

一緒に、近くで暮らしていると、やはり違います。彼らの頭の中には、「犬の群れ」といった絵柄があるようで、私たち人間のことも、その群れのメンバーとして捉えているきらいがあります。しかし、それでいて、人間と犬(自分たち)は違う生物(存在)なのだと認識しているようです。

犬の群れには、ボスがいて、それに従う犬たちがいます。我が家の犬たちは柴犬ですが、猟犬のなごりなのか、その点、かなりハッキリとしています。

「侵入者!」、「追跡!」、「駆逐!」、「獲物!」、「寝る」、「食べる」、「ここは私の場所」、「おまえは控えていなさい、私のほうが偉いのです」、「散歩だ、外に行こう!」、などなど。

犬の世界は、人間のそれよりも単純なようですが、高度な複雑さもあり、面白いと思います。

犬は群れの生物なので、上下関係は絶対のようです。そして、人間よりも、生死切迫さが、もっと、現実的というか、「侵入者!」、「追跡!」、「駆逐!」、「獲物!」、などという場面になると、真剣そのもので、少し、本能によるせいか、どことなく、楽しそうにも見えるときがあります。でも、とても真剣で、侵入者や獲物は、仕留めるわけです。(人間だったら、「もっと平和的に行こう」とか、「今はそういう時代ではない」とか、考えるかもしれませんが。)

これについては、犬一匹いっぴきの種類や血筋、性格などによって違いがあるかもしれませんが。

 

また、同じ種類の犬でも、一匹いっぴき、性格が違うというのは面白いことだと思います。

ある犬は、ボスの性格で、気合でその場を占めるというか、他の犬たちを従えてしまうし、相手をすくませてしまうことができます。それでいて、賢くてやさしいところがあったり。また、ある犬は、やさしくて、思いやりがあり、ある犬は、少し臆病というか気が小さいようです。頑固なのもいれば、従順なのもいるようです。

 

犬たちが、このようにコミュニケーションを取り、感情も豊かで、思いやりがあり、家の人を家族(群れの)と思うことを知ると、犬たちが単なる「獣というか、ただの野蛮な生物」ではないことが分かります。

 

では、他の動物たちはどうでしょうか?

きっと、動物の種類によって、思考やコミュニケーションの複雑さや度合いが異なるとは思いますが、それぞれ、「生きている!」ということではないでしょうか。

 

では、動物も人間も境目がないのではないかって?

そうれはどうでしょうか???

私は、やはり、決定的に人間と動物は違うところがあると思います。

でも、それは、「地球上に一緒に生きている」ということの妨げにはならないでしょう。

かえって、ある意味、人間は、動物とは違って、責任があるというか、、、自然を壊さないで、大切に生きていきたいですね。

 

 

本サイトの文章・写真画像等コンテンツの著作権は、「柴犬社」に帰属します。

無断での引用、転載などは、ご遠慮ください。